会計士定期採用2018

  1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 石川 聡典

先輩紹介 - 石川 聡典

石川 聡典

変わり続けるニーズに応える、
金融のプロフェッショナル

石川 聡典【金融機関向けサービス】

金融事業部 マネジャー
2007年入社

公認会計士として高い専門性を身に付けたいと考え、金融事業部を志望。2010 年にシニア、2014 年にマネジャーとなり、現在はメガバンクのグループ監査の中心メンバー。

石川 聡典

金融業界独特のニーズに応え、そして成長できる環境がある

都市銀行、地方銀行、信用金庫、生・損保会社、証券会社、リース会社、不動産会社、投資顧問会社などの金融事業を手がける企業に対して、監査とアドバイザリーなど包括的なサービスを提供しているのが金融事業部。クライアントは日本を代表する企業が中心で、最先端の事例に触れる機会が多く、多種多様な経験を積めることが特長です。監査クライアントは、メガバンクに代表されるように、大半がグローバル展開する企業であり、KPMGの海外ネットワークと連携して業務を進めていきます。また、金融業界はコーポレートガバナンスの高度化、コンプライアンス対応、経営統合、各種規制対応など、常にさまざまな変化が起きているため、アドバイザリーに関するニーズも多種多様にあります。そのため、金融事業部には、公認会計士以外に金融規制、金融工学、年金数理など、あらゆる分野の専門家をメンバーに揃えています。これにより、文字通り日本経済の中心を担っているクライアントからのあらゆるニーズに、スピーディーに応えることができています。ダイナミックな変化や成長が続く金融に関わり、新しい知識を吸収できる業務環境はとても刺激的で面白いものです。

石川 聡典

多様な経験とキャリア形成が、個も組織も強く育てている

以前、ニューヨークに駐在して監査業務に携わっていたのですが、その際に日本で学んだ業務の進め方が、世界の金融の中心地であるニューヨークでも当たり前のように通用したことから、KPMGのグローバルネットワークがあることの素晴らしさを実感することができました。また、多様性あふれるメンバーの中で働き、築いた人の繋がりは現在も非常に有意義であり、海外の動向をタイムリーに把握するための貴重な情報源になっています。あずさ監査法人の金融事業部では、さまざまな業種を経験することができます。私自身もリース会社や外資系証券会社、メガバンクなど複数の業種を担当できたことで、各業界の専門知識を身に付けることができ、物事を多面的に見て考えられるようになりました。これは、監査でもアドバイザリーでも、非常に役立っています。キャリアという点では、「全く同じキャリア」という人はおらず、それぞれが多種多様な経験を積んでいます。そのため、あらゆる考え方が生まれ、新しいテーマに取り組む際には、強いシナジー効果を生み出すことができる。そこにあずさ監査法人で仕事をする魅力と、組織としての底力があるのだと思います。

サービスの強みはここにある

プロフェッショナルの集合体

クライアントの高度化・複雑化したニーズに対応するために、あずさ監査法人の金融事業部を中心として、KPMGコンサルティング、KPMG FAS、KPMG税理士法人が連携し、金融サービスを統轄する横断的組織として発足させたのがKPMGファイナンシャルサービス・ジャパン(KPMG FS Japan)。ニーズに即した最適なメンバーでチームを組成し、包括的なサービスを提供できることが大きな強みです。

石川 聡典