会計士定期採用2018

  1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 岩宮 晋伍

先輩紹介 - 岩宮 晋伍

岩宮 晋伍

プロフェッショナルとして、
グローバル展開するクライアントを支える

岩宮 晋伍【国際業務】

第5事業部 パートナー
1999年入社

入社前の「英語を使う仕事をしたい」という希望が叶い、主にグローバル企業の監査に従事。ロンドンで約2 年、ドイツで約4 年の海外赴任を経験。

岩宮 晋伍

グローバルネットワークを活かして、クライアントのニーズに応える

昨今は多くの日本企業がグローバルに展開しており、多数の海外現地法人を擁するようになってきました。あずさ監査法人は、それら多くのグローバル企業に対して、連結決算の監査やIFRS(国際財務報告基準)の導入支援など、あらゆるサービスを提供しています。一方、KPMGのクライアントである外資系企業の日本法人をあずさ監査法人が監査するケースもあります。いずれの場合においても、KPMGの世界共通監査手法であるKAM(KPMG Audit Methodology)を用いて、グローバルに標準化された高品質な監査を実施しており、これがクライアントに対する1つの大きなバリューとなっています。また、グローバル監査体制の構築はグローバルに展開する企業の監査においては必要不可欠となっています。例えば、IFRSの導入を進めている企業においては、世界各地の拠点で会計基準の統一が必要となります。これに伴い、会計面に加え、日常の業務プロセスにおいて変更が必要となる場合もあり、世界各地の拠点の動向をしっかりと把握したうえで監査する必要があります。このような場合、世界各国のKPMGとコミュニケーションをとりながら各国において対応を行うほか、私たちが日本から直接世界各地に出向いてサポートを行うことも多くあります。

岩宮 晋伍

海外赴任のチャンスを活かして、グローバルに活躍できる会計士になる

実際私も、グローバル企業の監査を行うために、世界各地へ出張しています。最近では、インドへ訪問し、現地のKPMGメンバーや経営者とのコミュニケーションから得た会計・監査上の論点や経営上の課題について親会社の経営者に情報提供を行ったところ、大変有意義なものとして感謝されました。このように世界中で起こりうるさまざまな課題を適時適切にフィードバックすることは、クライアントへの大きなバリューの提供になっています。近年、あずさ監査法人では早くから国際業務に従事して活躍できるチャンスが飛躍的に増えています。私自身も入社4 年目にシニア海外派遣プログラムにてロンドンに赴任しました。また、日本企業の海外現地法人に対するサービスを中心とした業務を現地に駐在して行うGJP(Global Japanese Practice)というプログラムでドイツへの赴任も経験しました。2 度の海外赴任を通じ、欧州各地のプロフェッショナルから、質の高いノウハウを学ぶ機会に恵まれ、同時に、互いの文化や慣習を尊重し合い、多様な価値観に触れたことは、非常に刺激的な経験であり会計士としても一人の人間としても大きな成長を感じられました。このように、あずさ監査法人では、会計士がクロスボーダーで活躍するチャンスが大きく広がっています。

サービスの強みはここにある

経験豊富なプロフェッショナルが
集まる場所

あずさ監査法人の大きな強みは、グローバルで発生するあらゆる課題に素早く対応できること、多様な専門性を持ったプロフェッショナルの知見を活用したサービスをグローバルに展開できること。多くの海外経験を積んだ人的ネットワーク豊富なプロフェッショナルと、日本を代表する優良なグローバルクライアントを多数有していることから生まれる、ナレッジや経験値の蓄積がそれらを可能にしています。

岩宮 晋伍