会計士定期採用2018

  1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 水田 真也子

先輩紹介 - 水田 真也子

水田 真也子

品質にこだわるIPO支援で、
クライアントと一緒に上場を果たす

水田 真也子【IPO(株式上場)支援】

第2事業部 マネジャー
2007年入社

「IPO支援を通じて、クライアントと共にさらなる企業成長を実現させたい」との思いで、IPO支援業務に従事。これまで2社の上場を実現させ、現在も1社のIPO支援を担当している。

水田 真也子

上場するまでだけではなく、上場してからの業務が重要

あずさ監査法人のIPO支援は、株式上場の準備段階から始まり、上場後は同じチームが監査業務を担当、その後の成長に関わるアドバイザリー業務まで行っています。監査法人におけるIPO支援はまず、財務会計や社内体制に関するショートレビュー(予備調査)を行い、上場に向けた課題や問題点を把握し、それらの解決や体制整備のためのアドバイスを行います。ショートレビューでは、上場企業の監査業務で得られた知見を活用し、内部統制の確立と強化などの最適な進め方について、クライアントの特性を踏まえてアドバイスを行い、上場に向けた支援業務を行っています。加えて、上場申請に必要な監査報告を行うために、直前期・直前々期の2 期にわたる監査を実施し、最終的な上場承認に結びつけることも私たちの重要なミッションです。そして上場後は監査業務を担当しながら、クライアントの成長・事業拡大を支援するために、海外進出やM&Aに関わるサポートなども行っています。部内に各分野のスペシャリストが在籍しているため、迅速かつ高品質なアドバイザリー業務を実現できています。

水田 真也子

事業への熱意を共有して、クライアントと共に前へ進む面白さ

私はこれまで、上場企業数社の監査業務を行いながら、IPO支援にも携わってきました。上場を果たす企業の多くは、特殊な技術や、今まで無かったようなビジネスモデルを有しており、上場を通じて事業を飛躍させることで、社会に大きな変革をもたらすことができる企業です。私が関わったIT企業の場合には、従来なかった発想のアプリをメイドインジャパンで開発し、その普及やエンジニアの地位向上を目指していました。私たちは上場への道筋を立てる上流プロセスから関わり、経営者へのインタビューなどを通じて、そのクライアントが描く成長プランと事業への熱意を共有しながら、ビジネスモデルを理解し、会計や内部統制などの管理体制についてさまざまな議論を積み上げてきました。途中、多くの困難もありましたが、クライアントの熱意とその事業が果たす社会的役割を理解し、「一緒にやり遂げるんだ」とお互いに思えていたことが、仕事のモチベーションアップや困難を乗り越える力となり、最後までサポートできた要因であると考えています。社会貢献性が高い企業の上場を支援し、上場を果たした瞬間は大きな達成感があり、自分の仕事で世の中の役に立てているという満足感も生まれます。これが、この仕事に携わることの意味であると感じています。

サービスの強みはここにある

品質へのこだわりはIPO支援も同じ

「より多くの上場を支援していくこと」よりも「上場をゴールとせず、上場後さらなる成長ができる体制をきちんと作ること」。あずさ監査法人のIPO支援は数よりも質を追う姿勢を貫いています。実際、ある証券会社のIPO担当者から「あずさ監査法人は質の高いサービスへのこだわりが強く、それがポリシーだと理解しているので、また一緒に仕事をしたい」と評されるほど、その考え方が浸透しつつあり、大きな強みとなっています。

水田 真也子