会計士定期採用2018

  1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 内山 貴史

先輩紹介 - 内山 貴史

内山 貴史

国内外クライアントのM&Aをグループ力でカバーし、
企業の成長戦略を支える

内山 貴史
アカウンティングアドバイザリー(Deal Advisory)

アカウンティング・アドバイザリー・サービス事業部 パートナー
1998年入社

海外展開するメーカーや金融機関の監査に携わり、入社3年目にはM&Aアドバイザリーにも関与。2007年からは3 年間KPMGニューヨーク事務所のアドバイザリー部門に赴任しM&Aアドバイザリーに携わった。帰国してから現在まで、引き続きM&Aアドバイザリーに関わる業務を手がけている。

内山 貴史

ディールアドバイザリーでは、M&A・組織再編支援・事業再生支援に関わるアドバイザリーを行っています。この中で私が携わっているのはM&Aを主体としたトランザクションサービスです。具体的にはクライアントのM&A対象企業の財務状況や企業価値を明確にするデューデリジェンスを行い、意思決定のサポートを行っています。加えて、買収後の経営統合支援(Post Merger Integration)も行っており、クライアントの成長を継続的にサポートしています。中でも日本企業が海外企業を買収するクロスボーダーM&Aは、複数の国に拠点を展開する企業が買収対象となることもあり、全体像の把握が難しくなるため、難易度が高まります。しかしあずさ監査法人では、国内の税務や評価等の専門家チームに加えてKPMGのグローバルネットワークを活用し、各地のKPMGファームの協力を得ることで、言語、法制度、文化などの垣根を越えたサポートを実現し、M&Aを成功へ導くことができます。M&Aは企業にとって重要な経営戦略であるため、当然意思決定は慎重になります。そのため私は密度の濃いコミュニケーションを取ることで問題意識や懸念事項を共有し、きめ細かく厚みのあるサービスを提供することを意識しています。自信を持って提案し、そこに数字的な根拠をそろえることで、クライアントが冷静かつ自信を持った判断をできるようにする。これが私たちの大切な使命であると考えています。

内山 貴史