会計士定期採用2018

  1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 古作 祐真

先輩紹介 - 古作 祐真

Staff

古作 祐真

スタッフ 2017年入社

学生時代からグローバルで働きたいという思いを抱いていたこともあり、“世界のどこでも使われるビジネス上のツール”である会計を志した。その中でも、環境の良さで選んだあずさへ入社。現在は大手総合商社を中心に、大小各社の監査に携わる。

Q.1
公認会計士を目指した
きっかけを教えてください

海外で働く⽗の背中を⾒て育ってきた私は、高校時代から「グローバルに働きたい」という漠然とした夢を思い描いていました。やがて将来の進路について悩む中で知ったのが、公認会計⼠という職業です。“会計=世界共通⾔語”と⾔われているように、会計は世界のどこでも使われるビジネス上のツールです。会計を極めることができれば、世界中どこに⾏っても重宝されると考え、公認会計⼠を⽬指すことを決めました。

Q.2
あずさ監査法人を選んだ理由を
教えてください

私があずさ監査法人を選んだ理由はズバリ「環境」です。環境は良くも悪くも⼈を変えてしまうもの。特に職場で過ごす時間は⼀⽇の⼤半を占めます。そのため、社内の環境が⾃分に適しているのか、プロフェッショナルになる上で必要な要素が揃っているのかといった点がキーポイントでした。あずさ監査法⼈は、教育制度はもちろん、職員間の⾵通しの良さや雰囲気も⾮常に魅⼒的で、⼈を⼤切にする組織⾵⼟があると強く感じました。

Q.3
現在の仕事内容を教えてください

⼤⼿総合商社を中⼼に、製造業や専⾨商社、⼩売業などさまざまな業種の監査に従事しています。特に総合商社は世界を股にかけたビジネスを幾つも抱えており、規模や⾦額も⾮常に⼤きく、仕組みや過程など実務の観点から多くを学ぶことができます。同時に、⽐較的⼩規模なクライアントでは、会社の全体観を掴むことで会社構造の本質を学ぶことができます。この業種の⼤⼩のバランスが、あずさ監査法人は⾮常に優れていると感じます。

Q.4
あずさ監査法人で働く良さを
教えてください

⾃分のキャリアを考えることは、就活中のみならず、実際に会計⼠として働き始めてからも⾮常に重要です。あずさ監査法人にはキャリアマネジャー制度というものがあります。経験豊富なパートナーまたはマネジャーに将来のキャリアプランについて相談し、短期~中⻑期の⽬標をともに熟慮することで、それに即した業務や習得⽅法をアドバイスしてくれたり、実際にその業務を割り当てるよう配慮してくれたりします。このような機会が設けられている点も、「あずさで良かったな」と感じる部分です。

Q.5
公認会計士を目指す方々に、メッセージをください

公認会計⼠になれば、たくさんのチャンスが転がっています。「会計」という、どこでも役に⽴つ⾃分の武器を⼿に⼊れれば、さまざまなビジネスで輝くことができるのです。公認会計⼠は会計のプロ。プロフェッショナルとして社会で活躍することは、⾃分の市場価値を⾼めることはもちろんのこと、仕事のやりがいや⽣きがいも⼿に⼊れることができます。