会計士定期採用2018

  1.   >  
  2.   >  
  3.   >  
  4. 清王 まつり

先輩紹介 - 清王 まつり

Manager

清王 まつり

マネジャー 2006年入社

国内企業の監査を経験した後、メガバンクのIFRSによる米国SEC上場支援プロジェクトへの参画をきっかけとしA&S(Accounting and Strategy)に携わる。3年前に育休から復帰した後は、在宅勤務制度などを活用しながら大手企業のIFRSコンバージョンに関するアドバイザリー業務を行っている。

Q.1
現在の仕事内容を教えてください

企業のグローバル化に伴い、IFRSやUS GAAP(米国会計基準)などの導入が進む中、私たちA&S(Accounting and Strategy)では会計に関するアドバイザリーとして、新たな会計基準の導入や企業のグループ戦略に基づいた財務・会計戦略の立案・実行を、中長期的な視点から支援しています。

Q.2
難しい仕事をするときはどのようなことに気をつけていますか

案件の中には、もちろん難易度の高いものもあります。例えば、国内で初めての事例である場合には、KPMGがもつ豊かなグローバルネットワークを活用し、海外の知見も織り込んだ多角的なサービス提供ができるよう努めます。また、そうした多様性のあるアドバイスはもちろん、スピードや課題解決力も大切な品質基準です。常に期待以上のアドバイザリーが行えるよう、品質向上の努力を怠りません。

Q.3
仕事のやりがいを教えてください

私は国内で初めてメガバンクのIFRSでのSEC上場をサポートした時から、数多くのIFRS業務に携わっています。こうした経験を踏まえてみても、改めてあずさ監査法人はその実績数や品質面で大きなアドバンテージがあると日々感じながら仕事をしています。アドバイザリーはゼロから方針を作ることもあり、産みの苦しみがありますが、長期にわたりクライアントと一緒に汗をかくことで、課題解決を共に頑張ってくれたと感謝されることが仕事の醍醐味です。

Q.4
あずさ監査法人のサービスの強みはどこにあると思いますか?

あずさ監査法人におけるA&Sの特徴は、監査法人の内部にアドバイザリー部門がある点です。例えばIFRSの導入に関わるアドバイザリーを行う際には、監査人の視点を踏まえた提案を行えるため、より有効性・実現性の高いものとなります。また、同じアドバイザリー部門内で、多岐にわたるアドバイザリーを提供できることから、CFOや財務経理部門が抱えるニーズに対して、ワンストップで高品質なサービスを提供できる点も特徴の1つにあげられます。

Q.5
公認会計士を目指す方々に、メッセージをください。

公認会計士は監査のプロフェッショナルであることは間違いありませんが、その他の業務もどんどん拡がっています。特にアドバイザリーについては、より成長している分野です。今まで気づかなかったクライアントのニーズに気づき、応えていくことに、日々やりがいを感じています。また自身の成長にも繋がっていると実感しています。会計士試験はつらいことも多いと思いますが、ぜひ乗り越えていただいて、一緒に働ける日をお待ちしています。